自分を変えてくれる人に出会う

あなたは今の自分や人生に満足していますか?

自分の内向的な性格が嫌だとか、もっと明るくなりたいとか、自分を変えたいという気持ちは多かれ少なかれ持っているかと思います。

しかし、思うだけではなかなか自分を変えることはできません。

一般的に、人生を、自分を劇的に変えることができるのは大事故に遭うか、大病を患うかの二つと言います。

しかし、この二つは狙ってなれるわけではありませんし、どちらも嫌ですよね。

では、どうすれば自分を、人生を劇的に変えることができるか。

もっと簡単な方法があるんです。

「人に会う」こと

どうですか?

あまりに簡単で拍子抜けしたのではないでしょうか?

「毎日、学校で人に会ってるよ」

「むしろ人に会わないで生活できないだろっての」

そんな声が聞こえてきますし、そう思うのも無理はありません。

もっと具体的に言うと、自分を変えてくれる人に出会う!です。

こればかりは経験しないとわかりませんが、いつか若いあなたにも気付く時があるはずです。必ずあります。

「この人とは出会うべくして出会ったのだ!」と。

なぜなら、そういう人に出会うと、自分の考え方や行動が劇的に、誰の目にも明らかなほど大きく変わります。

例えば、私が初めて経験した時の話をします。

私は18歳の時、初めてアルバイトをしました。それまでの私は人と接するのも苦手で、彼女などいたこともなく、女性と話すのも苦手な男子でした。

なぜアルバイトを始めたかというと、大学に入り、一人暮らしをしたため、生活費を稼がなくてはなりませんでした。アルバイトも仕方なくだったのです。

そんなアルバイト先で、私の指導係になったのは5歳上の女性の先輩でした。

初めましての挨拶を済ませ、一緒にまかないとして出された夕食を食べた時の事です。

「私、生理痛がひどくてさ、薬飲んでるんだよね」

何を言っているのか、本当にわかりませんでした。

生理痛…?

えっ…

初対面の人に…生理痛?

生理ってあの生理…?

いや、普通こんな話する?

もう何が何やらわからず、上手く答えを返すこともできず、一人で混乱して顔を真っ赤にしていました。

そして、バイト初日が終わったときのことです。

緊張して、疲れてぐったりしている私を

「ちょっと来て!」

と言いながら近くのCDレンタルショップに連れて行き、

「この曲が本当に良くってさ」と自分の好きなアーティストを語り出す。

そのまま少し離れたコンビニまで再び私を連れて行くと、

「あの店員さん、ちょっとカッコよくない?どうしよう…ちょっと話しかけてくる!」

そう言って中に入り、その店員さんに自分の連絡先を書いた紙を渡して、なにやら楽しそうに会話をしている。

戻ってきた彼女は、

「こんど一緒に遊ぶことになるかも!」

といってニコニコしている。

その時です。

頭を打たれたかのような強い衝撃が体に走りました。

「そうか、こんなに素直で良いんだ!!!!!」

今まで、好きな女の子がいても話しかけることもなく、離れて見ているだけだった。

したいことがあっても親に遠慮して、したいと言うことができなかった。

友達に言いたいことがあっても言えなかった。

そんな自分の嫌なところや、変えたいところが一瞬で、頭の中を駆け巡り、その夜に見た彼女の行動や言葉がないまぜになり、スパークをおこし、自分の中の何かが弾けて吹き飛んだ感覚でした。

それまで人の目を気にして、コソコソと隠れるように生きてきた自分が恥ずかしくなり、急に目の前の世界が開けていく感覚もありました。

その1週間後です。大学で同じ授業を取っていたとある女の子が気になっていました。そうだ、この子に話しかけてみよう。告白だってしたことがないんだから、なんなら好きだった言ってしまおう。

そうです、先週、バイト先の先輩が、店員さんに話しかけ、好意を伝えた行動が、自分の行動をも変えようとしていたのです。

そして実際に授業終わりに彼女を引きとめ、少し離れた階段脇に連れて行き、

「前から好きだったんだけど、よかったら付き合ってくれませんか」

「えっ(笑)、いや、急にそんなこと言われても(笑)」

苦笑いする彼女。

当然ですよね。今まで話したこともない男に突然好きですと言われて、はいよろしくお願いしますなどと言うわけありません。

それはわかっていました。

けど、私は誰かに思いを伝えるという行為をしたかったのです。

彼女には申し訳なかったのですが。

「いや、その、ごめんなさい(笑)」

あくまでも笑顔で終わらせようとする彼女。

優しいですね。

「そうですよね、わかりました」

私もにっこりと笑顔を見せ、その場を立ち去ります。

そして、心の中で「とうとう、告白した!恥ずかしかった!けど・・・」

けど…

「意外とたいしたことなかった!」

これです。

やる前は不安でいっぱいだったけど、やってみると意外と大したことないのです。

世の中の事など、実はほとんどそんなものなんですね。

自分を大きく変えてくれるような人に出会いましょう。

Count per Day

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする