今の環境が嫌だけど、どうしたらいいのか?

あなたは普段の生活に満足していますか?

朝起きて、朝食をとり、学校に行き、嫌々ながらも授業を受け、そして給食。

午後は再び授業を受け、放課後は部活、塾、友達の家とそれぞれが行動し始める。

学生の毎日は、だいたいこんな感じだと思います。

学生に限らず、社会人も似たようなものですが。

みなさんの中には学校が嫌だという人もいるでしょう。

クラスの○○君と仲が悪いとか、実は一緒に行動している××ちゃんのことは好きじゃないけど仲良しグループだから仕方がないとか…

また、家庭が苦痛だという人もいるでしょう。

母親と仲が悪く、どうも顔を合わせるとケンカばかりしてしまう。

父親がいつも酒ばかりのんで、母親とケンカしている。

兄と比べられてばかりいるので、家に居るのも窮屈で、いつの間にか兄が大嫌いになってしまった。

学生の頃というのは、行動範囲が家庭と学校に限定されてしまうので、とにかく世界が狭くなりがちです。

そんな今の環境がたまらなく嫌だという人もいるでしょう。

では、そういう嫌な環境にいるときはどうしたらよいかということです。

耐えることについて

それは、

「耐える」

です。

実は人生の嫌な状況、環境というのはずっと続くものではありません。

早ければ数カ月、長くても2~3年といったところでしょうか。

厄介なことに、人というのは今の状況、環境が永遠に続いてしまうと思い込んでしまうんですね。頭ではそのことをわかっていながらも、辛い渦中にいるとどうしても終わりの見えない迷路にいるものと錯覚してしまうのです。

それで「俺の人生は終わりだ」とか、「私の人生は一生このままなんだ」と絶望の中に落ちていってしまうのです。

しかし、果たして本当にそうなのでしょうか。

思い描いた不幸は実現しない

大人になればわかることなのですが、嫌な人との繋がりや、嫌な環境というのは、ほぼ必ずどこかの時点で終わりが来るのです。

そしてまた新たな人や場所の中で、新たな人生が始まる。

生きていくということはその繰り返しでしかないのです。

だから、もしあなたが何かで悩んでいるとしたら、そのことを覚えておいてください。

過去、何度も対人関係や仕事で悩んで、死にたい、消え去りたい、と考えていました。

しかし、その死にたい願望を抱えたままなんとかなんとか、日々をやり過ごすと、時の流れとともに解決されていくのです。

楽しいことが永遠に続かないように、苦しみも永遠には続かないのです。

そして、もうひとつ大事なこと。

頭の中であれこれと不幸や絶望、最悪の状況を思い浮かべることがあるでしょう。

けれど、そのほとんどが現実に起こることはありません。

これは断言します。私だけではなく、他の多くの先輩方も言ってます。

最悪の状況は、思い描いても現実に起こりません。

あなたの描いた絶望は、あなたの頭の中にしか存在しないのです。

故に、現実をあまり悲観的に考える必要はないんです。

が、しかし。

しかしですよ。そうだったとしても、どうしても今の現実に耐えられないという人もいると思います。

そういう場合、良い方法があります。それは、

逃げる

です。

人生=ゲーム

いやいや、さっきと言ってることが違うじゃないか。

と思うかもしれません。しかし、逃げたっていいんです。

ロールプレイングと同じなんですよ。

最初はとりあえず立ち向かって、耐えて、戦うんです。そして、経験値を貯める。ここで経験値を貯めておかないと、自分のレベルがいつまでたってもあがりませんし、多少なりとも辛いことを経験しておくことは大切でしょう。

が、HPが尽きて死んでしまっては全ては終わりです。

傷は負っても良い。しかし、致命傷は避けなければならないのです。

ゲームと違ってリセットボタンはないんですから。

故に、ギリギリの線まで耐えて立ち向かって、それでも無理だと判断したなら、さっさと逃げてしまいましょう。

逃げるのは恥ずかしいだとか、負けたみたいで嫌だとか思うかもしれません。

が、しかし、それは長い人生の線上における、ほんの点でしかないのです。

職場

学校

家庭

サークル

様々なところで辛い思いをすることでしょう。

ただ人生はロールプレイングゲームと言いました。

最後にラスボスを倒して、最高のエンディングを迎えられればそれで良いのです。

ラスボス戦以外の争いなど、局地戦にすぎません。逃げても良い、負けても良い。経験値を貯めればそれで良い。

それだけです。

耐えて、戦って、経験を積んで、ヤバかったら逃げる。人生などそれだけのことです。

Count per Day

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする